ハリウッドちゃんねる

ティームハリウッドの2人が独断と偏見により選んだネタを面白おかしく調理するブログ、それがハリウッドちゃんねるだ!

ファイナルファンタジーVIIリメイクから人知れず外されたゲーム開発企業のお話

f:id:H_Seagal:20190611161109j:plain
www.youtube.com


発売日&最新ゲームプレイなどが公開されて一気に盛り上がりが増してきたファイナルファンタジーVIIリメイク! 

www.hollywood7ch.jp

 
2020年の発売が明らかになったファイナルファンタジーVIIリメイクは、原作のファイナルファンタジーVIIを完全再現するものではなく、「分割」でリメイクすることが明かされている。前編後編の2作なのか、3部作なのかなどは不明だが、2020年発売のファイナルファンタジーVIIリメイクだけでBlu-rayディスク2枚組になるというトンデモナイボリュームで、スクウェア・エニックスはそれこそ社運を賭けた超大作としてリメイク版FF7を世に送り出そうとしている。 

www.hollywood7ch.jp

 

そんなファイナルファンタジーVIIリメイクだが、当初は外部のゲーム開発会社であるサイバーコネクトツーなどの協力も受けていたものの、現在はスクウェア・エニックスが完全社内のみで開発を行っているというウワサをご存じだろうか?
※サイバーコネクトツーは福岡を拠点に活動するゲーム開発会社で、.hackシリーズやナルティメットシリーズなどの開発を担当している。

 

2017年にはFF7リメイクの開発リーダーである浜口直樹氏が、「開発を完全内製に移行する」と発表。それまで開発を協力してきたサイバーコネクトツーなどが「外される」形に。

jp.ign.com

www.i-mezzo.net

 

このサイバーコネクトツー外しについて、スクウェア・エニックスで働くという「Dan Tsukasa」を名乗る人物が、インターネット掲示板上で内情をリークしている。あくまでインターネット上に匿名で書き込まれたコメントであるため、真偽は不明。コメントはサイバーコネクトツーを外したのは「使えなかったから」という、読む人によってはかなり不快なもの。

www.reddit.com

krsw.5ch.net

blog.livedoor.jp


Dan Tsukasaが書き込んだとされるコメントは以下の通り。かっこ内の文章は注釈になる。

・野村(FFシリーズのディレクター)について言えば彼は辛うじて、まだ現場にいる状態だ。率直言って、彼は名前だけの存在に過ぎない。
・野村は大阪で働くことに多くの時間を費やしてるし、大阪に住んでもいる。キングダムハーツ3が仕事の中心になっている
・FF7リメイクは4年も開発をしていない。せいぜい2年ぐらいだ。
・サイバーコネクト2(サイバーコネクトツー)を制作から外したといっても制作中止したわけではない。
・そしてスクウェア・エニックスはもう一度仕切り直す決断をした
・サイバーコネクト2が役に立たなかったわけだからね。
・しかし、まだ十分な状況ではない。完成は、まだはるかに遠い存在だ。
ともかく4年も開発していない。
・サイバーコネクト2が使えなかったという事実だけだ。
・私は彼らと以前、仕事をしたこともあるし、彼らの技術レベルがどの程度の物なのかも分かっている。
・彼らが開発地獄に陥ったことも知っているしサイバーコネクト2は、この仕事を担うのには十分ではなかった。
・断わっておくが、私の意見は推測ではない。私は彼らと事実、働いた経験があるのだ。
・それにスクウェア・エニックスとCC2の両方で働いている人も知っている。
・私は、ただ当時何が起きたのか、自分の知っていることを述べているだけだ。
・コアはシステムであって価値のあるものではない。
もう少し物事がうまい具合に進んでいたのならば、今はもっと先に進めていたはずだ。
・例えばFF15のワークフローは効率的とは言い難くそのために完成まで、、とんでもない時間がかかっていたがもし彼らがもっとモジュール的な環境を築けていれば発売はもっと早かった。
だからFF7リメイクも、そういった環境を築けるならば第1作の発売は可能だと思う。
・CC2が企画から降ろされたという事は、この業界において開発が遅れていた証明

 

そしてE3 2019の中で、「まだスクウェア・エニックスとサイバーコネクトツーがFF7リメイクの開発で協力していた頃」にサイバーコネクトツー側のディレクターとして働いていたハラ リョウスケ氏が、同氏が現在担当している「ドラゴンボール Z KAKAROT(カカロット)」について語ったようだ!

www.gameinformer.com

 

その中でハラさんがFF7のリメイク版開発に携わっていたかどうかは確認できなかったそうだが、「ファンとして、そしてクリエイターとして、私はこのゲーム(FF7リメイク)がファンと業界にもたらすものに非常に高い期待を寄せています」「このゲームがどのように形で最終的に見られるようになるのか本当に興奮している」と語ったそうだ!


ここまでに挙げた情報のすべてが本当かどうかは不明なものの、サイバーコネクトツーがFF7リメイクの開発から外されたことは事実。これによりサイバーコネクトツーが大きな開発実績を失い、企業としても大きな収益源を失ったことは明らか。さらにはあらぬウワサもたっている…それなのにハラさんの寛大すぎるコメント…!

 

ちなみにFF7リメイクについては2014年の東京ゲームショウの中で行われた『ファイナルファンタジーVII Gバイク』&『ファイナルファンタジー ワールドワイドワーズ』のクリエイタートークイベントの中で、リメイクの可能性が触れられている!
この時点では仲睦まじかったサイバーコネクトツーの松山社長とスクウェア・エニックスだが…一体何があったんや…

www.youtube.com